●七葉訪問看護ステーション設立へのきっかけ

 私の母はアルツハイマー型認知症で、20年以上1人暮らしをしていました。

 母の生きがいは、庭からこぼれるぐらいの花に囲まれ出がらしのお茶を飲みながら自宅で過ごす事でした。少しずつ物忘れが多くなり、誰かに取られたという気持ちが強く、とうとう警察にまで電話するようになりました。

 そんな母ですが、九州の小さな田舎町では十分な支援は受けることができず、とりあえずケアマネジャーが入っただけで看護師・介護士が入ることはありませんでした。

 母本人へのサポートはもとより、特に足りないと感じたのが『家族支援』だと痛感しました。患者さんだけではなく、廻りの方々へのサポートも必要だと強く思ったのが、この頃です。

 ケアマネジャーや訪問看護などがしっかり活動されていれば、もう少し長く思いをかなえられたと思います。とても複雑な思いをしましたが、これがきっかけで訪問看護事業に興味を持つようになりました。

 私は「好きな場所で最後まで生きることを応援します」というコンセプトを胸に刻み、「住みなれた家で最後まで生きることをお手伝いしていこう」という思いで『七葉訪問看護ステーション』を設立するに至りました。

 私たちケアマネジャー・看護師としての知識や経験を地域の方々へ、少しでもお役にたてることができるよう日々精進してまいります。


七葉訪問看護ステーション代表:金子 恵美子